FC2ブログ

徒然なるままに、クサナギツヨシのことなど。

私が、「あなたのためにできること。」は、ただただ、「大好きだよ、これからも、ずっとずっと応援しているよ」、という気持ちを、伝え続けること。そして、「あなたの幸せ」を願い続けること。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パーフェクト ビジネスアイドル 香取慎吾

最初は、かなり固かった、剛くんの司会。
「香取様」とか*ずっと、「ですます」で話してるし*
あと、段取り間違えて、オーダー聞く前に、座っちゃったりとかw
中居くんが下で、ずっと、うずうずうずうず。
ま、気持ちはわからなくもないけど☆彡
お洋服は、コムデギャルソンのセットアップに、ドルチェ&ガッバーナのシャツに、ジミーチュウの靴に、フェンディのサングラス。
全てが、一線で活躍していて、そういう服に着慣れている人にしか、着こなせない感じね。
ここまででも、来てる服のブランド話せちゃうんだ。ま、一般人には買えないしねぇ。
…この間広島にお買い物行ったら、ジミーチュウのショップ入ってて、「あっ」て思ったけど、そのまま通り過ぎました…
「セットアップ」って言ってるのに、「上下で売ってたんですか?」って聞くあたりも、緊張なのか、天然なのか*
木村くんが着ていた、ロエベのコートは、100万以上とかなんとか…それを、雑誌見ただけで買えちゃうってのが、やっぱり別世界の人なんだなぁって、思い知らされる感じも。
「買いました、木村くん!」ってここで報告しなくてもw
木村くん、笑いながら、頷いてる*
この辺りから、ちょっと剛くんもくだけてきて、いつものしんつよになってきて。
「慎吾が着るレディースって、誰が着るんでしょうかねぇ」って*
「そんなでっかいひといるんですかね」って、、こらこら。
「すごい勢いのある電話」。もう少し、詳しく聞きたかった~。
基本、慎吾くんがツンなんだけど、時に剛くんもツンになったりして。
剛くんのツンは、天然で、気づいてない可能性高いけど(爆)。
そして、慎吾くんのツンを、気にも留めてないというか、、笑顔で受け止めて、流す、クサナギツヨシ。
でも、結局は、いなくてはならない存在であることが、言葉の端々から伝わる。
慎吾くんの絵画。
独特で、、本当にすごい。すごいのはわかるけど、正直、理解出来てるかって言われたら、出来てない。剛くんと、大差ないと思う。
とんがってるところは、分かったけどね☆彡
…「何なの コレは」って聞いちゃうところが、剛くんの剛くんたるゆえんだなぁ*
慎吾くんは、もっともっと、こういう「描く」世界に、没頭したいんだろうなぁ。。本当は。
結婚観。慎吾くん、以前は彼女のの噂とかもあったけど。実際のところ、今はどうなんだろう。
別に結婚してもしなくてもいいけど。後悔だけは無いように、幸せになって欲しいと思うなぁ…
結婚話をしていて、いきなり「吾郎さんどうなの?」ってw
ホントに自由なんだから~♪ 普段のビストロだったら、無いことなんだろうけど、5人だけだしね。
中居くんも入ってきて、面白くなったしね。
ただ、木村くんが、結婚の話になると、見事に存在消すんだよね。
そんなにも、タブーなのかなぁ。もう、良いんじゃない?普通に話せば。15年も経つのに。
いつまでもそんなの、不自然だ。
木村くんがその話に入れないなら、結婚の話はしないほうが良いって言う人まで出てくるし…
それはそれで、アラフォー男たちが結婚のケの字も出さないのも、ヘンだもの。

で、3人とも調理終わって待ってるのに、テンポを変えず、話し続けるしんつよ。
「強靭だね」「俺だったら耐えられない」という中居くんに、「俺はあくまでもゲストだ!」と慎吾くん(笑)
剛くんは、調理終了に気づいていたんだかいなかったんだか*

香取慎吾クイズ。
これは、剛くんの独壇場!
優勝が剛くんってなったときに、慎吾くんが剛くんの名前を言う前に、「あ、友達だ」と中居くん。
中居くんにとって、しんつよは、ずっとずっとずっと、ゆるぎなく、友達、親友なんだねぇ…
初めてのソロ曲、「日曜日のアニキの役」は、私も分かったけど。
…木村くんの「マヨネーズ」は、、ボケたんだよね!?w
1993年のことなのに、「すごいブーブー言ってた」とか、、よく覚えてたなぁ。
「慎吾マニア」を自称するだけある!
ハマってること、、「お手紙の整理」っていうのは、ちょっと前に「パワスプ」で話してたもんね。
「まぁ 話すからねぇ なんか」って言葉から、収録の合間に、あれやらこれやら、プラベを話してるんだろうなぁ、って感じ。。そして、剛くんは、ちゃんと覚えてるんだね。多分、慎吾くんも。
香取慎吾の一番の魅力。
剛くんの、「パワーがある」「時間の使い方が上手い」が不正解だったのは、他の3人との、正解数のバランスを取ったかなぁ。あとは、オチも必要だったかと。
吾郎ちゃんと、言ってることは変わんないと思うんだけど。
木村くんの「エンターテイメントプロ」は、、嬉しい言葉だろうなぁ。
慎吾くんがメンバーに隠していること。
何かを飼ってるというヒントで、剛くんからは、「サボテン」「コケ」という答えが。
だーかーらー、、植物は飼ってるって言わないww
「生きてるじゃん」って*面白いわ~♪♪
でも、、実際飼ってるのは「エビ」で、そのエサになるのが、「コケ」みたいなもの、だというミラクル( ´艸`)
…吾郎ちゃんが答えた「ウーパールーパー」って、、昔吾郎ちゃん自身が飼ってたんじゃなかったっけ。夢モリのころ。

試食。
それぞれ、個性的な料理。
吾郎ちゃんのは、「今」の慎吾くんの好みや、ライザップ中であることを考慮した料理。
さすがだなぁ~って感じ…
中居くんや木村くんは、どこか、いつまでも、ガッツリ食べる、20歳前後の男の子って扱いな感じ…
悪い意味じゃなく。
木村くんの「家に来たら、慎吾に作ろうと思うもの」って言葉は、、優しいお兄ちゃんだよね。

そして、慎吾くんの「うちにもおじさん来ます」発言。
もうさ、良いんじゃん?そろそろ。すまぷがあらふぉーの、ある意味おじさんと言われる年なんだからさ、おじさんな友達いるの、普通でしょ?
それを聞いた剛くんの、「うそぉ」の言葉と表情がちょっと怖かったけどw
「男の子だけど女の子みたいな人」と言われて、「KABA.ちゃんみたいな人?」って*
すぐにKABA.ちゃん思いつくんだねぇ。
で、芸能人に初めて自ら携帯番号を教えたという人。
剛くん、吾郎ちゃんがデザート用意しているのが気になって、途中で話切っちゃったけど。
このあたりも難しいよね。シャーベットだからねぇ、溶けたりするのが、気になったんだろうって思う。
中居くんがチャーハン作ってる間に、話を戻して、答えは山Pだと。不思議は無いね。

吾郎ちゃん、木村くんの料理が終わった時点で、「これ難しいよねぇ。どっちかっていうのねぇ」と剛くん。
中居くんの料理は、眼中になかった…w
出てきたらおいしそうだったし、慎吾くんとの思い出を大事にしているものだったり、自分が好きなラーメンをどうしても食べさせたいという、気持ちのこもったものだったけど、やっぱりちょっと、料理としてのレベルが、当たり前だけど、違ったかな。

美味しいリアクションは、「吾郎ママ」。
可愛い!!やりきった吾郎ちゃん、がんばった♪♪
剛くん、「吾郎さん、グッジョブです」って*

慎吾くんがやたらに、司会は中居くんが良かったというけど。
それが冗談であったり、ツンな言い方なのは理解するけど、でも、あんまり気落ちのいい言葉じゃないなぁ、私には。。
剛くんだからこそ、聞けたこと、話せたことあったと思うんだけど。
サタスマって、すごくある部分で似ていて、だからこそ、お互い踏み込めないところがある感じがするので。プラベでも、深ーいつきあいのある剛くんで、良かったと思うよ。
「うん、うん」と、穏やかに話を聞いてくれる剛くん。司会者としては、まだまだ、な部分はあるのかもしれないけど、話を聞いてくれてるって思えるし、安心感もあると思うんだけどなぁ。
いろんな、進め方があっていいと思うんだ。
それにしても、あれこれ説明するときの、「~なの」って話し方が、カワイイこと((ノェ`*)っ))

正直、そこまで新しい香取慎吾が見れた!って感じはせず、あくまでも、SMAPの香取慎吾で、そこは崩さなかった印象かな。
表に出せるのはここまで、という線引きがしっかりしているなぁという感じで、やっぱり、「パーフェクト」ビジネスアイドル」だ。
…剛くんのときに、よくそこまで話せるなぁ、という感想をちらほら目にしたけど、実際は、そんなには話してない。
結婚を考えた相手がいたっていうのも、過去の過去のことだから、話しただけだろうし。
仲のいい年上男性がいて、泊まりに来るなんてことも、たいしたことじゃないし。
20年以上、厳しい世界で一線にいる人は、どんなに無邪気に見えても、セルフプロデュースに優れてるんだなぁ、と改めて。

「Triangle」
形違いの白いスーツを着たSMAP。キレイだったなぁ。。って感想もあるんだけど。
戦後70年ということで。
あの、ジオラマがすごかったなぁ。。とても手の込んだもので。
流れた写真も、戦後直後から、現代までの風景を、足早にだけれど、見せてくれて。
70年という長い年月の間に、日本がどれだけ復興して、新しい建物を、文化を築いてきたかが、はっきりわかるものだった。

原爆が落ちた日も、終戦の日も、それどころか日本とアメリカが戦争をしていたことすら知らない若い人が増えているという昨今。
再びの過ちを犯さないよう、何をすべきかを、さまざまに考える日が、とうに来ている。
「Triangle」の歌詞も、かみしめて、考えなければいけないよね…
こういう時に、この歌を歌ったメンバーの思いも、ETとして、流してくれればいいのにね。
40歳を過ぎて、そういうことを口にしてもいい年齢になってきてるんじゃないかな。
スポンサーサイト
【 2015/08/15 (Sat) 】 スマスマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。