FC2ブログ

徒然なるままに、クサナギツヨシのことなど。

私が、「あなたのためにできること。」は、ただただ、「大好きだよ、これからも、ずっとずっと応援しているよ」、という気持ちを、伝え続けること。そして、「あなたの幸せ」を願い続けること。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

銭の戦争2話

面白かった!引き込まれた。1時間が、あっという間だった。

弟って、、
どれだけ世間知らずなんだろう。
確かに、お葬式の場での、富生の行動は、許されるものではない、かもだけど。
でも、、
父親があれだけ酷い言われ方して、怒りは湧いてこないのか?
富生の行動はそんなにも、弟にとっても許せないものなのかしらん・・・
弟と梢があんな風に話せるってことは、ちゃんと梢を弟にも引き合わせてたんだよねぇ。
富生が、家族との交流を絶ってたわけじゃないってこと、こんなところでも分かる感じ。

住所不定、連絡先に使っていた携帯もつながらずでは、就職先が決まるはずも無く・・・
カードも限度額いっぱいになって、ホームレス。。
一度悪い方向に転がり出すと、どんどん、どんどん、悪くなっていってしまうものなのだなぁ。。

紺野家では、父親の借金を未央が知って、不穏な雰囲気に。
そこに、巻き込まれてしまった富生。
自分の父親と、紺野を重ね合わせて・・・。
紺野先生、イイ人だけど。不安になる人でもあるなぁ。
富生、全然大丈夫じゃ無いのに。
今後、赤松の下で働くようになって、その赤松から借金をしている紺野先生と、どう関わり合っていくんだろう。

タイトルバックで、印象的に黄色が使われているのは、やっぱり剛くんカラーってことだよね!?w
このタイトルバック、すごく凝ってて、良いなぁ~~~。

そして、ホームレス転落。
そりゃね、どこに誰が寝るかは決まってるでしょ。
そこに、ずかずか勝手に入り込んだら、トラブルになるよね。
まだまだ、そんな世界が理解できない富生なわけで・・・。
ここで、紅谷との出会い。
中々、クセモノ臭満載で。
優しいのか、したたかなのか。お金に困っている人たちには、すごく慕われている様子・・・
ホームレスさんたちに、お金を与えたりもして。
そんな紅谷に、近づいて行く。
紅谷に、人を見る術を磨けと言われていたけれど、富生には、かなりその力があるんだろうなぁ。
1話で、無理難題なノルマをふっかけられても、それが達成できたのも、どの客にどう話を持って行けば、そのノルマを達成できるか、ちゃんとお客の人となりを見極めていたからだろう。

「俺はここにいる連中とは違う。金さえあれば、こんなとこすぐに。」
富生の、本心。慢心?でも、富生にその力があるのは、事実。

紅谷のノートを覗き込む。
すぐに、それとは分からなくても。富生の洞察力って、凄い。

赤松のキャラって、いいねぇ。
軽妙洒脱。
悪いやつなのに、なんか、面白い。

ひげ剃りシーン、
萌えた・・・
何を思ってる・・・?

ホームレス生活に富生に会いに来た、梢。
梢には、、伝わらないか。。
富生が、伝わらないよう、演じてるしね・・・
自宅前に会いに来た時は、梢のストール直してたけど、今日は、全く触ろうともしなかった。
とにかく、梢と距離を置こう、置かなければ・・・。
梢に見せた笑顔が、悲しすぎた。。

紅谷が借金の取り立ての相手に、ササキを選んだことで、あぁ、裏でつながってんだなーとは思ったけど。
すごく、心根の優しい富生らしいやり方で、ササキに寄り添っていく。
裏で紅谷とつながっていたとはいえ、富生に「奥さんは、とても誠実な方ですね」と言われて、涙していた姿に、ウソは無い、と信じたいなぁ。。
・・・「誠実な方ですね」、と現在形で言う、富生にも、優しさが溢れてる。。

そして。
元本と利子、全額返そうとしたササキから、お金を受け取りかけて、、
紅谷の本性に気付く。
このときの、富生の表情・・・!目の動き。
ん?あっ・・・そういうことか。。
紅谷とササキの関係に気付き、紅谷の真の目的にも気付き。
富生は、勉強頭が良いだけじゃない。
人の心の機敏に、気付ける人なんだ。
カッコ良すぎるだろう~。。

紅谷と商店街を回って。
富生の着眼点が、すごい。
人を見る目を磨け、と紅谷は言うけど、相当の資質を持ってる。
紅谷は、富生を見こんだ。
それは、良いことなのか。。

逃げてりゃ時効になる。
確かに・・・
でも、富生にはそれが出来ない理由がある。
富生は、家族に寄りつかなかったという印象が、1話ではあったけれど。
確かにそうなんだけど、でも、本当は家族に対して、愛情あふれた人だったんだ、ただ、仕事が忙しくて、そして、まさかお父さんが、工場がそんな切迫した状況だったなんて、想像もしなかっただけなんだよなぁ。。ってことが、分かった・・・。
お父さんが会いに来たとき、富生は、まさしく「息子」の顔だった。
お父さんが失踪する前に、1本の電話をかけてたら。お父さんは死なずに、お母さんは倒れずに済んだのかもしれない・・・。
お父さんを、返せもしない借金を重ねて死んだことを否定しながらも。。
富生に、一生ついて回る、後悔だろうなぁ。。

「白石君。金の虜になるなよ」。
深い。これからの、富生の行く先を、示唆してる。。

そして。
赤松を紹介される。
その、赤松に見こんでもらうための、富生の計算が、やっぱり凄い。
自分の特技を、しっかりアピールして。


これから、富生はどうなっていくんだろう。
ドラマが終わった時、富生の人生は、幸せになってるのか。
それとも・・・
3話以降も、目が離せない。。!
スポンサーサイト
【 2015/01/13 (Tue) 】 ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。